イタリアでのキャンプ Campeggio

イタリア人は太陽の光とアウトドア生活が大好きである。
夏のハイシーズンともなれば、山間のキャンプ場には家族連れや友人同志が連れ立って押しかける。

イタリアのキャンプ場 を

検索 search / イメージ

アウトドア生活

イメージ

イタリア人の嗜好を反映してイタリア各地にはキャンプ場が多いので、都会の喧騒を離れて大自然の中で過ごし、 時には野生動物と遭遇できるアウトドア生活を送ってみるのも素敵な休日の過ごし方だろう。

ただしキャンプ場の設備は場所によって様々なうえ、夏場の週末は混み合うので、各施設の使用料金と予約は必須。 イタリアのキャンプ場内施設には次のようなものがある。

トレーラーハウス

トレーラーハウス=イタリア語で「ルーロ Roulotte」。
キャンプ場に固定されている車輪付きプレハブハウス。 内部の設備は充実していて、ダブルベッドあるいは2つのシングルベッドを備えた寝室、 シャワー、トイレ、キッチン、簡単な食事の摂れるテーブルも備えてあり、カップルに人気が高い。

シャレー

シャレー=イタリア語で「シャレー Chalet」。
プレハブ仕様のトレーラーハウスと違い、木材を建築材に使って山小屋風に仕上げてある。 トレーラーハウスより若干内部が広く収納スペースが大きい。 寝室にはダブルベッドあるいは二つのシングルベッドがあり、居間も必要な場合には二人分程度のベッドスペースとして使える。 シャワーとトイレ、 2〜4口コンロと冷蔵庫を備えたキッチンもある。 シャレーの外側には簡単なテラスが付けてあることが多くそこで食事をすることもできる。 家族連れや4〜5 人程度の友人たちのグループに人気がある。

バンガロー

バンガロー=イタリア語でも「バンガロー Bungalow」。
シャレーのように内部にキッチンやシャワールームなどを備えているとは限らず、時には寝袋を持参して板張りの床に眠るだけの簡易宿泊小屋になっている。 二階建てやロフト式の造りで就寝スペースを増やしてあるものもある。 ただし近年ではシャレーと変わらない生活設備を備えた快適なバンガローもあるので設備を事前に確認するとよいだろう。

テント

テント=イタリア語で「テンダ Tenda」。
持参して自分で組み立てるもので日本のテントと同じ。 指定のテント場「Piazzale」に自分で設置し、テント一張りあたりで借りられる区画面積と料金が決められているので、 電源や水道が使えるかどうかなども含めて予約時に費用の総額を確認しておこう。

ページの先頭へ戻る
イタリアワイン直輸入
イタリアのワイナリーツアー
イタリア直輸入、グッチセール