トラベルTopガイド > マルケ

イタリア、マルケ州ガイド Marche Guida

マルケ

イタリアのマルケ州は、長靴型イタリア半島のちょうどふくらはぎにあたる部分にあり、アドリア海に沿って南北に長く横たわる州。 4県の行政区によって構成され、総面積は9,694平方キロメートルで州都はAnconaアンコーナ。北部をエミリア・ロマーニャ州、南部と南西部をアブルッツォ州やラツィオ州と接し、西隣のウンブリア州とはアペニン山脈の山稜を州境として隣接している。 州の31.2%が山岳地帯、68.8%が丘陵地帯という地理的構成で、海岸線ぎりぎりまで丘陵地帯が迫っているため平野部はほとんど存在しない。

気候は大陸性の気象変化に似た特徴をもち、季節により寒暖の差が激しい。たとえば沿岸部に近い丘陵地帯では、夏季の暑さは厳しいが海から適度な涼風が吹きつけるため体感気温はそれほど高くない。 秋から冬には定期的に雨がよく降り気温は一気に下がる。他方山岳地帯では、夏季は比較的涼しく、山頂付近では夏場でも雪が舞ったり霧が出たりすることもある。 冬季は当然寒さが厳しく多量の降雪をみる。

ウルビーノの格安ホテル、割引ホテル予約を探す


Urbino ウルビーノ

15世紀、名君フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの支配の下で宮廷文化の花開いたウルビーノは、マルケ州の緑豊かな二つの丘の上に立つ芸術の街。
市壁に囲まれた中世の姿そのままの旧市街地は、世界遺産に指定されている。ドゥカーレ宮にはラファエッロの傑作が残り、壮麗で豪華。 「理想都市」など、ルネサンス期の傑作を多数展示する国際マルケ美術館もぜひ訪れよう。美術ファンには市内のラファエッロの生家、音楽ファンには、毎年8月に開催されるロッシーニ・オペラ・フェスティバルなどがおすすめ。 トリュフをふんだんに使った料理、郷土料理のクロストロ(揚げパン)やクレーシャ(薄く焼いたパンの一種)はぜひ味わいたい。

ページの先頭へ戻る

Ascoli Piceno アスコリ・ピチェーノ

アペニン山脈に続く山々に囲まれた風光明媚な町。
カステッラーノ川の西にかなりの広さの旧市街地 Vecchio Quartiereが広がり、そこに見所が集中している。 ルネサンス期に繁栄を極めた旧市街地には、歴史的建造物が豊富に残されて散策には最高の場所。 高さ40mのエルコラーニの塔 Torre degi Ercolaniや、ゴシック様式のサン・ピエトロ・マルティーレ教会 Chiesa di San Pietro Martireなどは見所。 アッリンゴ広場の東にある大聖堂 Duomoには古代の見事なモザイクで有名な聖エミーディオの地下室 Cripta di Sant'Emidioがあり、大聖堂の隣には11世紀の創建当時そのままの洗礼堂 Battisteroが残る。 8月第一日曜に行われる馬上槍試合「クィンターナ Quintana」は、町の6つの街区・セスティエル Sestierに分かれて技を競うもので、イタリア中で行われる中世祭の中でも最も忠実に歴史を再現した祭りとして有名。

ページの先頭へ戻る
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】 航空券にホテルをプラスで、Air+割
イタリアのワイナリーツアー
イタリア直輸入、グッチセール