トラベルTop基本情報 > 食べる基本情報

イタリア基本情報 食べる Mangiare in Italia

イタリア旅行では食べることも楽しみのひとつ。レストランの種類、メニューなどの食事のための基本情報を掲載。 豪華なレストランで贅沢するのもよし、イタリア庶民に混ざって大衆的な料理を食べるのもよし。 イタリアのグルメを満喫しよう!

楽天トラベル株式会社

飲食店の種類

飲食店・イメージ

Ristorante (リストランテ)

概して高級レストラン。
現在は、あまり区別されておらず、カジュアルなレストランでも、リストランテと名前がついていることもあるが、文字通り高級レストランに行く場合は、 予約と正装をして、前菜・パスタ・メイン・ドルチェのフルコースとワインはたのんだ方がベター。

Trattoria (トラットリア)

カジュアルで大衆的なレストラン。予算もリストランテより低め。

Osteria (オステリア)

居酒屋。しかしこれは名ばかりで、トラットリアと区別がない。

Pizzeria (ピッツェリア)

ピッツァ専門店。パスタなどをそろえているところも多いが、ピッツァ一枚でもオーダーできる。
夜遅くまで営業しているところが多い。

Bar (バール)

カフェテリア。1日中オープンしている。
カウンターで食べるのと、テーブルと食べるのでは値段が違うので注意。

Enoteca (エノテカ)

ワイン中心の店。ワインショップもエノテカというが、ワインの充実したレストランもエノテカという。

Birreria (ビッレリア)

生ビールが楽しめるレストランやパブ。

Gelateria (ジェッラテリア)

アイスクリーム店。アイスクリーム発祥の地はここイタリア。

ページの先頭へ戻る

イタリア料理のコースとメニュー

Antipasto アンティパスト(前菜)

文字通り、パスト(食事)のアンティ(前)に食べるもの。軽い料理や、サラミの盛り合わせなどがある。

Primo Piatto プリモピアット(第一の皿)

イタリア料理の最大の特徴ともいえるパスタ料理。他にリゾット、スープもプリモピアット。

Secondo Piatto セコンドピアット(第二の皿、メイン)

メイン料理の肉料理、魚料理。

Contorno コントルノ(付け合せ)

メイン料理と一緒に食べる付け合せ料理で、サラダや野菜、ポテト、豆など。

Dolce ドルチェ(デザート)

いわゆるデザートで、その後コーヒーや食後酒を飲む。

  • フルコースが食べきれない場合は、前菜、プリモピアット、セコンドピアットのうち2品をオーダーするなど工夫しよう。 またデザートとして食べる Formaggio フォルマッジョ(チーズ)を、セコンドの代わりにたのむのもよいだろう。
  • Vino ヴィーノ(ワイン)は、ワインリストがあるところが多い。
  • Vino della Casa ヴィーノ・デッラ・カーザ(ハウスワイン)は、ハーフボトルや1/4ボトルでたのむことができる。
  • Coperto コペルトは、食器を使うための代金だったのものが習慣として残ったもので、今ではパン代や席料と理解されている。
ページの先頭へ戻る

レストランのエトセトラ

    予約

  • 高級レストランや、人気のあるお店は予約したほうがよい。
    特に夕食は、予約したほうがベター。予約する際は、日時、人数、名前を伝える。
  • ドレスコード

  • 高級レストランに行く場合は、男性はジャケット、女性はワインピースやスーツを用意したい。
    それ以外は、ジーパンとTシャツなどカジュアルな服装でも問題はない。
  • オーダー

  • 注文時に、前菜、パスタ、メインを一度にオーダーする。
    水は、ガス入りかガスなしか聞かれるので、どちらかを選び、ワインも同時に注文する。デザートとコーヒー、食後酒は、食後にオーダーする。
  • テーブルマナー

  • 基本的に、ひとつのお皿を分け合うことはしないが、カジュアルなレストランでは、OK。
    とり皿をもらって分けよう。料理の皿を回しあって食べることはしないほうがよい。高級レストランの場合は、分け合うことを注文時に言うと、レストラン側で分けてくれる。
  • お勘定

  • カジュアルな大衆食堂の場合レジ会計もあるが、テーブル支払いが基本。
ページの先頭へ戻る
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】 航空券にホテルをプラスで、Air+割
イタリアのワイナリーツアー
イタリア直輸入、グッチセール