トラベルTop基本情報 > イタリアの交通

イタリアの交通 Trasporto in Italia

イタリアの公共交通手段をご紹介。鉄道やバスを利用してイタリア旅行を快適に移動しよう。

イタリア鉄道
プルマン(長中距離バス)
市内の公共交通機関

楽天トラベル株式会社

イタリア鉄道

イタリア鉄道・イメージ

イタリアの鉄道は、Trenitalia(トレニタリア)と、Italo(イタロ)があります。

トレニタリアは、イタリア全土をほぼ網羅しています。
イタロは、高速列車のアルタ・ヴェロチタのみ。
トレニタリアのホームページはこちら
イタロのホームページはこちら

列車の種類

  • アルタ・ヴェロチタ・フレッチャロッサ Alta Velocita(AV) Frecciarossa
    トリノ〜ミラノ〜ボローニャ〜フィエレンツェ〜ローマ〜ナポリ〜サレルノを走る。
    1等車と2等車あり。1等車は車内でドリンクサービスと朝は新聞配布のサービス付き。
    食堂車付き。
    最高速度360キロにまで達する。
  • アルタ・ヴェロチタ・フレッチャアルジェント Alta Velocita(AV) Frecciaargento
    ローマ〜ヴェネツィア、ローマ〜ヴェローナ〜ブレーシャ〜ボルツァーノ、ローマ〜バリ〜レッチェ、ローマ〜レッジョ・カラブリア、ナポリ〜ヴェネツィアを走る。
    1等車と2等車あり。
    食堂車付き。
  • フレッチャビアンカ Frecciabianca
    ミラノ〜ヴェネツィア〜ウーディネ〜トリエステ、ミラノ〜バーリ〜レッチェ〜ターラント、ジェノヴァ〜ローマを走る。
    1等車と2等車あり。
  • インターシティー InterCity(IC)
    イタリア主要大都市間を結ぶ主要幹線を走る。
    停車駅が多く、料金が安い。
  • レジョナーレ Regionale(R)
    各駅停車。
    予約はできない。

切符の買い方

  • 駅構内の切符販売窓口(ビリエッテリーア biglietteria)で購入
    行き先、人数、一等車(プリマ・クラッセ prima classe)か二等車(セコンダ・クラッセ seconda classe)か、片道(アンダータ andata)か往復(アンダータ・エ・リトルノ andata e ritorno)かを窓口で告げる。 予約が必要な列車の切符を購入する場合には、さらに列車の種類、出発日時も告げる必要がある。 もしわかっているなら列車番号まで告げておいた方がより正確な予約ができる。
  • 駅構内の自動販売機Self Serviceで購入
    普通乗車券でも、エウロスター用の包括専用チケットでもここで購入でき、予約も可能。画面に「いつ?」「どこから?」「どこまで?」など表示されるので、指示に従って画面を進み、最後に表示された料金を投入すれば切符とお釣りが出てくる。英語表示あり。
  • 街なかの旅行代理店窓口で購入
    買い方は、駅構内の切符販売窓口の場合と同じ。
  • オンライン購入
    ウェブサイトから、オンライン購入ができる。
    支払いは、クレジットカードとなり、Eチケットが電子メールで送られてくるので、プリントアウトする。
    乗車の際に、列車内で車掌が検札に来た時にそれを見せればよい。
Trenitaliaの列車チケットの見方
列車チケット (Trenitalia)の見本
切符・イメージ

@出発駅
A出発日時と時刻
B到着駅
C到着日時と時刻 
D車両の種類(1,2等)
E乗車人数(Adulti=大人,Ragazzi=子供)
F列車番号
G座席(Carrozza=車両番号,Posti=座席番号)
H運賃 I発行場所

チケットの刻印

列車に乗車する前に必ず黄色の自動検札機(timbratrice ティンブラトリーチェ)で打刻し、利用日の日付を印刷する(コンヴァリーダ convalida)ことが必要。 検札機のインクが切れていることも多いので、ガチャンという音がして日付と時間が鮮明に刻印されたことを確認しておこう。 列車発車後に車掌が検札にやってきて刻印をチェックする。検札時に刻印がないと、高額の罰金(multa ムルタ)を払わされるので注意が必要。 自動販売機で購入した切符も、必ず同様に刻印すること。全席予約指定制のアルタヴェロチタは、乗車前の刻印は不要。

ユーレイルパス Eurailpass

ヨーロッパに居住していない人を対象とし、原則ヨーロッパ圏外で購入する鉄道パスのこと。 ヨーロッパ最大28カ国で使用することができる。
数カ国を周遊する場合に、有効かつ経済的。
ユーレイルパスは旅行代理店、ユーレイル・インターナショナル Eurail Internationalのウェブサイトで購入できる。

ページの先頭へ戻る

プルマン(長中距離バス)

バス・イメージ

プルマン Pullmanは、地方少都市間を結んで運行する長中距離バス。

鉄道と違い、季節による運休や減便、料金の変更が生じやすいので、バス会社の案内所かツーリストインフォメーションで最新の時刻表や運行情報を入手しておく方が安全で確実な旅行ができる。 切符は、バスターミナル内の切符売り場兼案内所で販売している。

小さな町などでは、バスターミナル付近のバールやタバッキで代理販売をしていることもある。
行き先を正確に告げて、こうした場所で乗車前に切符を購入しておこう。 行き先や季節によっては、旅先の町の切符販売窓口が閉まっている場合もあるので、旅程がはっきりしている場合には、出発前に起点になる町で往復の切符を購入しておく方が安全。

何番ホーム binario あるいは何番停留所からの発車かを確認し、バスのフロントガラスに表示された行き先を確認してから乗り込むこと。 バス車体脇にラゲージルームがあるので、スーツケース等の大きな荷物は、乗車前にここに自分で入れておく。 乗車後に、車内にある自動検札機で日付と時間を刻印するのを忘れないように。

Sita(シータ)

国鉄グループが運営する大手プルマン会社。ヴェネト州、トスカーナ州、ラツィオ州、カンパー二ア州、プーリア州、バジリカータ州内の地方路線を走る路線をもつ。
シータのサイトはこちら

Lazzi(ラッツィ)

プラート、ルッカ、モンテカティーニ・テルメ、ピストイア、ヴィアレッジョ方面へ運行している。
ラッツィのサイトはこちら

SAIS(サイス)

イタリア各都市とシチリアを結ぶプルマン。
サイスのサイトはこちら

Interbus(インターブス)

シチリア内の都市を結んでいるプルマン。シチリアは鉄道よりバスが発達しているので、シチリア内の移動はプルマンが便利。
インターブスのサイトはこちら

Cuffaro(クッファロ)

シチリアはパレルモとアグリジェントを結ぶプルマン。
クッファロのサイトはこちら

ページの先頭へ戻る

市内の公共交通機関

イタリアの観光都市内の公共交通機関は充実しており、観光の移動にも便利である。バスの切符は、タバッキ(たばこ屋)やキオスク(新聞などを売っている売店)、 バールであらかじめ購入しておき、乗車したら刻印をする。地下鉄の切符は駅構内の窓口か自動販売機で購入できる。

フィレンツェ市内バス

ATAF(アタフ) サイトはこちら

ローマ市内バス

atac(アタク) サイトはこちら

ローマ地下鉄

サイトはこちら

ミラノ市内バス、トラム、メトロ

ATM(アティエッメ) サイトはこちら

ヴェネツィア市内水上バス

Actv(ヴァポレット) サイトはこちら

ページの先頭へ戻る
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】 航空券にホテルをプラスで、Air+割
イタリアのワイナリーツアー
イタリア直輸入、グッチセール